きもの屋の息子の気まぐれブログです


by kohana5298
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

足袋の種類

こんにちは(^^)今日は、足袋の話です。
一口に「足袋」と言いましても、白・黒・柄や四枚こはぜ・五枚こはぜ等と実は色々と種類がありますので紹介いたします(^o^)

『色・柄』
白足袋」は、男性でも女性でも普段着から礼装まで、どんな時でも着用することができます。礼装は必ず白足袋を着用ください。
黒足袋」は、男性のおしゃれ着の時に着用します。汚れも目立たず経済的です。
柄足袋」は、小紋等のおしゃれや普段の時に着用します。訪問着や留袖と言った礼装には着用しませんので注意してください。ただ、最近では、振袖にレースが付いた足袋や地色がピンクや水色など色々な足袋を着用される方も多く。(振袖は本来、未婚の方の第一礼装ですが)振袖にそういった足袋を履かれるのもステキだと思います。

『こはぜ』
こはぜ」とは、足袋のかかと部分にある止め金具のことです。
一般には、「4枚こはぜ」という、こはぜが「4枚」あるものを着用されます。
「正装は五枚で、遊び着は4枚」とおっしゃる方もいらっしゃいますが、そんな決まりはありません(^^;)
踊りをされている方が多いのですが、立ったり、座ったり、足を上げたりと動作をされる時に、着物の裾と足袋の間から、ふくろはぎの肌が見えにくくするため、少しでも足袋の高さがでるように(「一枚こはぜ」分、足袋の高さがある)「5枚こはぜ」の足袋を好まれるようです。また普段でも、そんな理由から「5枚こはぜ」を選ばれる方もいらっしゃいます。

『足袋カバー』
お出かけの時の、白足袋を美しく保つため足袋の上に履きます。特に雨の日のお出かけにオススメします。

足袋は、着物を着る際に一番最初に身につける物です。足袋を履いた瞬間、身が引き締まるような、何とも心地よい気分になるのは気のせいでしょうか?
[PR]
by kohana5298 | 2008-03-24 16:00 | 和装小物