「ほっ」と。キャンペーン

きもの屋の息子の気まぐれブログです


by kohana5298
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

カテゴリ:和装小物( 4 )

きもの着用に必要なもの

今日は、「着物を着用する際に必要な和装小物」の基本を一通り紹介します(^^)
ただ、「使う和装小物」は着付けをする人によって微妙に違う場合もありますので、着付けをしていただく場合は「着付士」の方に「必要な物」の確認をお願いします(^^) 
(例えば、ここでは「腰紐3本」と紹介しますが、着付士の方によっては、「腰紐5本」必要という方もいらっしゃいます。)

☆帯(おび)
 正装の場合は「袋帯」を。
 街着には「しゃれ袋」・「名古屋帯」や「半巾帯」を。
  というように「帯」は着用する「着物の種類」によって違います。

☆帯締め・帯揚げ
 留袖・色留袖の場合は必ず「白」を用います。
 上記以外の訪問着等は通常「色」や「柄」がついている物を用います。

☆肌襦袢(はだじゅばん)・裾よけ(すそよけ)
 最近では、「肌襦袢」と「裾よけ」が一緒になった「ワンピース肌襦袢(きものスリップ)」という物もあり、「着物をはじめて着られる方」には これをオススメします。

☆衿芯(えりしん)
 長襦袢の半衿の内側に入れ、衿元を美しくします。

☆腰ひも~3本~
 「補正」・「長襦袢」・「着物」に使用します。

☆前板・後板
 振袖着用の際は、後板も使用する場合もあります。

☆伊達締め(だてじめ)~2本~
 「長襦袢」と「着物」に使用します。

☆コーリンベルト~2本~
 「長襦袢」と「着物」に使用します。
 
☆帯枕(おびまくら)
 年代・お好みによって大きさが違います。

☆足袋(たび)
 正装には「白」を使用します。

☆草履・バッグ
 「正装用」と「街着用」は使い分けたください。

☆タオル~3枚~
 体型によりタオルと綿などで補正する場合もあります。

☆和装ブラジャー
 これを着けると着姿が よりキレイになるのでオススメです。

他にも・・・
☆三重紐(さんじゅうひも)
 振袖着用の場合は、変り結びの為に使用します。

☆寿恵廣(すえひろ)
 以前のブログに載せましたが、留袖着用の場合は必要です。

☆きものを愛する気持ち
 「今日は着物を着て、いつもと違う自分」や「日本の伝統を着れる誇らしい」気持ちを忘れずに(^^) 
今 このブログを見ていただいているあなたは、着物を着たら どんな気持ちになりますか?
・・・あれ?俺 今、何か良い事言っちゃいました?(^^;)


上記は もちろん「女性」の方が「着物を着る場合」です(^^)
・・・男性が「和装ブラ」してもねぇ。。。(^^;)

こんな感じで「着物を着る際に必要な物」の基本を説明交えながら載せてみましたが
お役に立ちましたでしょうか?(^^)
このブログを見ていただいた方へ 少しでもお役に立つ事が出来ていたら嬉しいです(^^)v
[PR]
by kohana5298 | 2008-05-28 17:17 | 和装小物

留袖のしきたり

『留袖』は女性(既婚者)の第一礼装(格が一番上の着物)
 家族や親類の結婚式や披露宴の場合、既婚者の方は留袖を着用します。
黒留袖は、既婚者のみ着用しますが、色留袖は、既婚者・未婚者を問わず着用できます。
黒留袖には、五ツ紋(背・両胸・両後袖)があり、この紋一つ一つに意味が込められていますが、それはまた後日お話します(^^)
留袖を着用する場合、いくつかの決まり事や必要な物がありますので、今回はそのお話をいたします。
e0147019_1835116.jpg


☆比翼(ひよく)
 写真で見る、「長襦袢の衿」と「留袖の衿」に一本の白の線のところが、『比翼』になります。比翼は、上記の衿の部分以外にも 袖、裾まわりなどに白い布地を縫いつけ着物を二枚重ねて着ているように見せます。

☆白の帯締め(帯〆)・帯揚げ
 留袖を着用する場合、必ず『白色地』の帯締め・帯揚げをします。
(例外として、色留袖を「一つ紋で、着用の時に比翼部分を中にしまい」訪問着格として着用する場合は、色の帯締め帯揚げをしてください)

☆寿恵廣(すえひろ)
 扇子のことですが、留袖で使う この寿恵廣は一般日常で使われている物より小さく、黒の骨組みに金・銀の装飾がされている物もあります。
通常は、写真の様に帯の所に、寿恵廣を少し見せるようにしておきますが、結婚式・披露宴でのお出迎え・お見送り時や親族での記念撮影の際は、寿恵廣を手に添えてください。

☆半衿(はんえり)
 留袖の中の長襦袢に縫い付けるものですが、必ず白をつけてください。最近では、白地に白の刺繍や金の刺繍がされているものもあります。これは、個人的にかなりオススメです。(ちなみに、白地でも「金銀や白の色以外の」色物の刺繍の半衿がありますが、これは、留袖以外の訪問着や振袖にオススメです。)
e0147019_184773.jpg



☆帯(おび)
 金系(銀系)の袋帯をオススメします。

☆草履(ぞうり)
 金系(銀系)の草履をオススメします。


長々と書いた最後の「帯・草履」のところだけが、すごくあっさりしているのは、決して書くのめんどくさくなった訳じゃありません(^^;)「帯」や「草履」の話も また後日☆ 「草履」は また面白いプロの見方があるんですよ(^^)
[PR]
by kohana5298 | 2008-04-30 18:04 | 和装小物

腰紐(こしひも)

今日は「腰紐」の話です(^^)
「腰紐」は、着物や長襦袢(ながじゅばん)を着るときに必要な紐です。
長襦袢に一本。着物に一本。体型補正にも一本必要な時もあります。(着付けの先生によっては「腰紐5本」必要と言われる方もいらっしゃいますので、着付けをしていただく場合は、その方にお尋ねください)

e0147019_222958.jpg

さて、写真には一般的な四種類の腰紐を撮りましたので説明します!

☆正絹-紐(しょうけん-ひも)
 絹で作った紐で、写真の四種類の中では一番質が良く柔らかく、締まりやすく締めた後もズルズルしません。締めたあと時間をかけ(目には見えない位ですが)若干伸びるようで痛くなりにくいそうです。着物をよく着る方は好んで使用されます。
(「正絹」とは、きもの用語で「silk 100%」の事を言います)

☆モス-紐(モス-ひも)
 モスリン「梳毛の糸で平織の毛織物で、現在は化学繊維と混合したものが大半です」
正絹より安価で、この紐も柔らかく締めやすいです。

☆ポリ-紐(ポリ-ひも)
 ポリエステルで出来た紐で、一番安価ですが締めて時間が経つと若干ズルズルした感じがすると言う方もいらっしゃいます。しかし、ちょっとだけ着物を着る時や子どもさんのお遊戯会や浴衣には良いんじゃないでしょうか?

☆男紐
 ただ色が「藍色」なので男が使用する物と区分けされているみたいです。

※写真の腰紐以外にも「コーリンこしひも」というのもあり、これはワンタッチでつけれて、ゴムで出来ているので、締め付け感がなく これも評判良いです。


僕は、まぁ「腰紐」ですし、着たら見えないので、着物を着る時は「正絹(紐)」や「モス(紐)」を使用します!ぶっちゃけ、「(紐の)色」なんて関係ないです(^^;)
[PR]
by kohana5298 | 2008-04-04 23:23 | 和装小物

足袋の種類

こんにちは(^^)今日は、足袋の話です。
一口に「足袋」と言いましても、白・黒・柄や四枚こはぜ・五枚こはぜ等と実は色々と種類がありますので紹介いたします(^o^)

『色・柄』
白足袋」は、男性でも女性でも普段着から礼装まで、どんな時でも着用することができます。礼装は必ず白足袋を着用ください。
黒足袋」は、男性のおしゃれ着の時に着用します。汚れも目立たず経済的です。
柄足袋」は、小紋等のおしゃれや普段の時に着用します。訪問着や留袖と言った礼装には着用しませんので注意してください。ただ、最近では、振袖にレースが付いた足袋や地色がピンクや水色など色々な足袋を着用される方も多く。(振袖は本来、未婚の方の第一礼装ですが)振袖にそういった足袋を履かれるのもステキだと思います。

『こはぜ』
こはぜ」とは、足袋のかかと部分にある止め金具のことです。
一般には、「4枚こはぜ」という、こはぜが「4枚」あるものを着用されます。
「正装は五枚で、遊び着は4枚」とおっしゃる方もいらっしゃいますが、そんな決まりはありません(^^;)
踊りをされている方が多いのですが、立ったり、座ったり、足を上げたりと動作をされる時に、着物の裾と足袋の間から、ふくろはぎの肌が見えにくくするため、少しでも足袋の高さがでるように(「一枚こはぜ」分、足袋の高さがある)「5枚こはぜ」の足袋を好まれるようです。また普段でも、そんな理由から「5枚こはぜ」を選ばれる方もいらっしゃいます。

『足袋カバー』
お出かけの時の、白足袋を美しく保つため足袋の上に履きます。特に雨の日のお出かけにオススメします。

足袋は、着物を着る際に一番最初に身につける物です。足袋を履いた瞬間、身が引き締まるような、何とも心地よい気分になるのは気のせいでしょうか?
[PR]
by kohana5298 | 2008-03-24 16:00 | 和装小物