きもの屋の息子の気まぐれブログです


by kohana5298
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

腰紐(こしひも)

今日は「腰紐」の話です(^^)
「腰紐」は、着物や長襦袢(ながじゅばん)を着るときに必要な紐です。
長襦袢に一本。着物に一本。体型補正にも一本必要な時もあります。(着付けの先生によっては「腰紐5本」必要と言われる方もいらっしゃいますので、着付けをしていただく場合は、その方にお尋ねください)

e0147019_222958.jpg

さて、写真には一般的な四種類の腰紐を撮りましたので説明します!

☆正絹-紐(しょうけん-ひも)
 絹で作った紐で、写真の四種類の中では一番質が良く柔らかく、締まりやすく締めた後もズルズルしません。締めたあと時間をかけ(目には見えない位ですが)若干伸びるようで痛くなりにくいそうです。着物をよく着る方は好んで使用されます。
(「正絹」とは、きもの用語で「silk 100%」の事を言います)

☆モス-紐(モス-ひも)
 モスリン「梳毛の糸で平織の毛織物で、現在は化学繊維と混合したものが大半です」
正絹より安価で、この紐も柔らかく締めやすいです。

☆ポリ-紐(ポリ-ひも)
 ポリエステルで出来た紐で、一番安価ですが締めて時間が経つと若干ズルズルした感じがすると言う方もいらっしゃいます。しかし、ちょっとだけ着物を着る時や子どもさんのお遊戯会や浴衣には良いんじゃないでしょうか?

☆男紐
 ただ色が「藍色」なので男が使用する物と区分けされているみたいです。

※写真の腰紐以外にも「コーリンこしひも」というのもあり、これはワンタッチでつけれて、ゴムで出来ているので、締め付け感がなく これも評判良いです。


僕は、まぁ「腰紐」ですし、着たら見えないので、着物を着る時は「正絹(紐)」や「モス(紐)」を使用します!ぶっちゃけ、「(紐の)色」なんて関係ないです(^^;)
[PR]
# by kohana5298 | 2008-04-04 23:23 | 和装小物

よくできました?

姉は、週に1~2度 実家で子供ピアノ教室をしています。
姉がピアノ教室をしている間、小学校低学年の姪っ子は茶の間で祖母(姪っ子からみたら「ひぃばぁちゃん」)に面倒を見てもらっています。

この姪っ子の(ある意味)天才的な策略が発覚しました!

それは、姪っ子が「これは自分(姪っ子)の家族がする宿題」と偽って、祖母に漢字の宿題を数週間の間させていたのです(゜д゜;)

その天才的な発想と度胸にびっくりです!!

それが、バレたのが、ピアノ教室の途中 姉がちょっと茶の間に寄った時です。

なぜか、おばあちゃんと姪っ子の二人が黙々と宿題をしているのです。

もちろん姉は大激怒!姪っ子 猛反省に猛泣き(ToT)

あとからの祖母の話によると、「家族の宿題」を渡された時は、
「最近は、家族にも宿題があるのか~。時代も変わったね」くらいにしか思わず。
孫の言うまま、素直に宿題をしていたそうです。

そして、それが発覚した時 ・・・「孫にダマされた(T_T)」という気持ちより
 ・・・「この数週間の私の宿題がムダに・・・」という気持ちだったそうです(^^;)

・・・にしても、宿題が提出された時、
「よくできました」マークをつけてた先生、「すごい達筆な小学生やなぁ。・・・いや、違う!」って思わなかったんやろうか?
・・・はは~ん、さては先生、、、子供達の宿題 あんまり見てないな~(^^;)
 最近の子供達は頭が良くなったもんです(^^;)先生 お疲れ様ですm(_ _)m
・・・おばぁちゃんも(^^;)
[PR]
# by kohana5298 | 2008-03-29 15:41 | こんな事ありました

足袋の種類

こんにちは(^^)今日は、足袋の話です。
一口に「足袋」と言いましても、白・黒・柄や四枚こはぜ・五枚こはぜ等と実は色々と種類がありますので紹介いたします(^o^)

『色・柄』
白足袋」は、男性でも女性でも普段着から礼装まで、どんな時でも着用することができます。礼装は必ず白足袋を着用ください。
黒足袋」は、男性のおしゃれ着の時に着用します。汚れも目立たず経済的です。
柄足袋」は、小紋等のおしゃれや普段の時に着用します。訪問着や留袖と言った礼装には着用しませんので注意してください。ただ、最近では、振袖にレースが付いた足袋や地色がピンクや水色など色々な足袋を着用される方も多く。(振袖は本来、未婚の方の第一礼装ですが)振袖にそういった足袋を履かれるのもステキだと思います。

『こはぜ』
こはぜ」とは、足袋のかかと部分にある止め金具のことです。
一般には、「4枚こはぜ」という、こはぜが「4枚」あるものを着用されます。
「正装は五枚で、遊び着は4枚」とおっしゃる方もいらっしゃいますが、そんな決まりはありません(^^;)
踊りをされている方が多いのですが、立ったり、座ったり、足を上げたりと動作をされる時に、着物の裾と足袋の間から、ふくろはぎの肌が見えにくくするため、少しでも足袋の高さがでるように(「一枚こはぜ」分、足袋の高さがある)「5枚こはぜ」の足袋を好まれるようです。また普段でも、そんな理由から「5枚こはぜ」を選ばれる方もいらっしゃいます。

『足袋カバー』
お出かけの時の、白足袋を美しく保つため足袋の上に履きます。特に雨の日のお出かけにオススメします。

足袋は、着物を着る際に一番最初に身につける物です。足袋を履いた瞬間、身が引き締まるような、何とも心地よい気分になるのは気のせいでしょうか?
[PR]
# by kohana5298 | 2008-03-24 16:00 | 和装小物
e0147019_17204289.jpg はじめまして、佐賀の地で「きもの屋」をしておりますm(_ _)m

きもの屋ならではの、ちょっとした「へぇ~」的な話など色々と つぶやいていきますので よろしくお願いいたします。

 先日、知人の結婚式の二次会に招待いただきましたので、写真の着物姿で出席してきました(^^)

そうそう!着物を着て行く途中
コンビニで 知らない おばあさまに「ステキねぇ~」って声をかけていただきました☆
嬉しいですね(^^) ・・・ふだん誰からも褒めてもらえないもんで(T^T)
会場でも、いつもは知人とばかり話して終わってしまうのですが、
着物という話題があったもんで、色んな方から声をかけてもらい、話せたことも、いままでとは少し違う楽しい結婚式二次会でした♪


写真を改めて見まして・・・

 ・・・念のため、もう一度言いますが、、、落語家じゃなくて「きもの屋」です!
[PR]
# by kohana5298 | 2008-03-11 16:18 | こんな事ありました